​代表挨拶

 当社は2017年の11月に産声をあげたアグリ関連スタートアップです。2020年12月には、福島県田村市の復興推進計画に基づき、同市内の都路町地区で建設を進めていた、本社兼最新鋭の完全閉鎖型植物工場を稼働いたしました。

 当社の植物工場では、自動化によって大幅に省人化を図りながら、衛生度の高い数種類のレタスと、そのレタスを使ったトップシール型のカップサラダの生産が可能です。工場内には大規模な栽培実証施設が備わっており、今後は和光理研Labでの基礎研究成果をさらに発展させ、他に類を見ないような近未来型の農業を実現させていく計画です。

 日本の農業は今多くの問題を抱えています。近年多発している天候不順や農業従事者の高齢化、担い手不足等、農業全体を取り巻く環境は一層厳しさを増しています。当社では本植物工場で培った最先端の技術をこれらの問題解決に生かしつつ、過疎の進んだ地域や都市部、自然環境の厳しい場所でも実現可能なレジリエント且つ持続可能な農業を目指してまいります。

 新型コロナウイルスの感染拡大によって衛生環境や食の安全性が一層重視されるなか、最先端の技術によって植物工場内の衛生度やセキュリティ度をより高度に保ち、「安心」「安全」な商品の「安定」供給を通じて周辺地域の経済発展と雇用を促進させ、東日本大震災による被災地の復興に貢献してまいります。

DSC_2783.JPG
A-Plus-02.png

​代表取締役社長

沼上 透

SDGs.jpg

企 業 理 念

​農業分野における最先端の工業技術や栽培技術を国内外に広め、再生可能エネルギーとの融合によって食料を地産地消できるシステムを構築し、安心・安全な食料の安定供給を通じて持続可能な社会の実現を目指していく